競争的資金

  1. 前澤悠太(代表),科学研究費補助金(若手研究B),「Webアプリケーションの自動プログラム修正」,2016年度ー2017年度.
  2. 前澤悠太(代表),(公財)中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金,「ソフトウェアのテスト品質を限られた計算資源に応じて測定する適応型プログラム変異テスト」,2016年度.
  3. 前澤悠太(代表),科学研究費補助金(研究活動スタート支援),「変異解析に着目したWebアプリケーションの自動プログラム修正」,2015年度.
  4. 前澤悠太(代表),科学研究費補助金(特別研究員奨励費),「Webアプリケーションの非決定性による欠陥の自動検出」,2014年度.

論文誌

  1. 前澤悠太,他,“インタラクションに着目したステートマシン抽出によるRich Internet Applicationsの欠陥発見の支援”,情報処理学会論文誌,Vol.52 (No.2),pp.820-834,2013年2月.

国際会議

  1. Keita Tsukamoto, Yuta Maezawa, et al., “AutoPUT: An Automated Technique for Retrofitting Closed Unit Tests into Parameterized Unit Tests”, In Proceedings of the 33rd ACM/SIGAPP Symposium on Applied Computing (SAC’18), Track on Software Verification and Testing (SVT), pp.1930-1937, April 2018. Acceptance rate: 11/43=25.6%
  2. Yuta Maezawa, et al., “Validating Ajax Applications Using a Delay-Based Mutation Technique”, In Proceedings of the 29th ACM/IEEE International Conference on Automated Software Engineering (ASE’14), pp.491-502, September 2014. Acceptance rate: 50/276=18.1%
  3. Yuta Maezawa, et al., “Automated Verification of Pattern-Based Interaction Invariants in Ajax Applications”, In Proceedings of the 28th IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE’13), pp.158-168, November 2013. Acceptance rate: 43/254=16.9%
  4. Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, et al., “Mutation Analysis for JavaScript Web Applications Testing”, In Proceedings of the 25th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE’13), pp.159-165, June 2013. Acceptance rate: 29.2%
  5. Kazuki Nishiura, Yuta Maezawa, et al., “Supporting View Transition Design of Smartphone Applications Using Web Templates”, In Proceedings of the 12th International Conference on Web Engineering (ICWE’12), pp.323-331, July 2012. Acceptance rate: 20+12/98=32.6% (short paper)
  6. Yuta Maezawa, et al., “Extracting Interaction-Based Stateful Behavior in Rich Internet Applications”, In Proceedings of the 16th European Conference on Software Maintenance and Reengineering (CSMR’12), pp.423-428, March 2012. Acceptance rate: 18/45=39.1% (Early Research Achievement Track)

国内会議

  1. 澤野宏貴,前澤悠太,他,“MVC Webアプリケーションの機能縮退を考慮 した振舞い検証”,ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集,pp.60-65,2014.
  2. 島田工,前澤悠太,他,“Scalaの並行プログラム検査における 状態空間探索手法”,ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2014論文集,pp.54-59,2014.
  3. 前澤悠太,他,“相互作用オカレンスに着目したシーケンス図の三次元化に関する研究”,情報処理学会第72回全国大会講演論文集,pp.537-538,2010.

受賞等

  1. 塚本啓太,“奨励賞”,アドバンストップエスイープロフェッショナルスタディ,国立情報学研究所GRACEセンター,2018年3月.
  2. 前澤悠太,“優秀学生賞”,国立情報学研究所,2015年3月.
  3. 前澤悠太,“優秀賞”,トップエスイー修了制作,国立情報学研究所GRACEセンター,2011年3月.
  4. 前澤悠太,“推薦卒業論文”,第72回情報処理学会全国大会,情報処理学会,2010年3月.